--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2013/03/19
*Tue*

お弁当『ゆりりさんの塩レモンで、鶏の塩レモン焼き』 

おともだちのゆりりさんのおうちで、いっしょにお料理をして、食べて、飲む。

という『ゆりり亭別館 立ち飲み食堂』に先日行ってきたのですが(そのときの記事→

そのときにゆりりさんからいただいた「すてきなお土産」を使って

お弁当のメインおかずをつくりました♪


130308_bento001.jpg

オット用お弁当『鶏の塩レモン焼き』


●鶏の塩レモン焼き

「お土産」というのはゆりりさんからいただいてきた『塩レモン』です。(わかると思うけど)

130303_shioremon001.jpg 130303_shioremon002.jpg

こんなん。

つまりは「レモンの塩漬け」で水気はレモンから出たものです。

ゆりりさんが作って1か月ほど熟成済みのものをいただいてきたのです。

(ゆりりさんのブログの「塩レモン仕込み記事」はこちら→

これが!

ほんとに食べなきゃわかんない。というか。(塩麹をはじめて食べたときみたいに!)

「塩レモン」という言葉から想像する味とは全然違って、

まったくとげとげしさがなく、塩味も柑橘の味もマイルドで、ほろ苦さがほどよいのです。


★★★

〈材料 お弁当1.5人分〉

鶏もも肉  1/2枚
塩・胡椒  少々
塩レモン  適量(レモン1/6個分くらい)


〈作り方〉

鶏もも肉は一口大に切り、塩を振り10分ほどおく。
鶏肉から水気がでていればキッチンペーパーで拭き、フライパンに並べ、皮目から弱火で焼く。
油がでたら拭き、7〜8割ほど焼けたら返し、火を止めて余熱で火を通す。

焼けた鶏に胡椒を挽き、塩レモンをたたくようにみじん切りにしてのせる。


・・・

うちは買ってきた肉ぜんぶ冷凍しちゃうので、解凍して塩振ると水が出るのかも。

塩レモンの塩気があるので、鶏肉に振る塩はそんなに強くなくていいけど、
お弁当なのでちょっと強めでもよいかと(どっち)。


★★★


うまいんだよー。これ。

オットも帰ってきてすぐ「今日の鶏おいしかった!」って言ってた。(今日の弁当ではないのです)



●ブラウンマッシュルームのソテー添え

塩振ってオリーブオイルで焼いただけ。



●合体ポテトサラダ

この前作ったポテトサラダのつづき。(レシピはこちら→

野菜薄切りチームはぎゅーっと絞って、イモマヨ笹かまチームと合体。

この前は柚子胡椒をちょい足ししたんだけど、案が全くうかばずそのまま。



●半玉塩パラゆでたまご

3回連続。まぁそういうこともあるよね。



●切り昆布の佃煮

これは入れねばならぬのだ。減らない。



●プチトマトいろどり。



●保温押し麦入りご飯 + 別添かつおふりかけ



〔スープ記録 ほんとはスープボトル〕

●春キャベツのトマトスープ

★★★

〈材料おぼえがき 作りやすい分量〉

キャベツ    1枚
ミディトマト  4個
玉ねぎ   1/2個
人参    1/3本
コンソメ    1個
塩・ハーブ   適宜
マッシュルームのソテー  おかずに詰められなかったのを入れた。

スープと言うかスープ煮。具ばかり。

★★★




塩レモン、いろいろ使えそう!

もったいなくてなかなか思いきって使えていないけど(笑)

気になる方は、ゆりりさんのブログに作り方があるのでぜひごらんくださいませー


ゆりりさんのブログ『ゆりり亭 *〜料理もお酒も無手勝流〜*』 

 ・塩レモン仕込み(→
 ・塩レモン 完成(→




読んでいただきありがとうございます!読んでいただけることが、日々の励みです。ぽちっとしていただけるとさらにうれしいです!ぜいたく?















スポンサーサイト

[2013/03/19 12:55] | TB(0) | CM(0)

copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

   
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。