--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2013/04/06
*Sat*

〈土曜日のあまいもの〉2かいめの、いちごジャム。 

ジャムもにーどめーならー

すこしはーじょおーずにー

ふきこぼーれせーずに

つくりたいーー

『セカンド・ジャム』(替え歌ですが。わからないひとは置いて行く)


130329_ichigo004.jpg

さくらキッチン、土曜日はあまいものやおやつの日。

いちごがだいぶ安くなってきたので、ジャムつくりました。


去年はじめていちごジャムをつくったのですが(こちらの記事→

そのあとも、ジャムはときどき作っているので

いちじくとかりんごとか(→)みかんとかベリーとか(→

まぁいまさら失敗もしないだろうと、なめてました。

はい。



130329_ichigo001.jpg
煮る前。いちごの水分がでるともうすでにうれしい。


『いちごジャム』

今回の作り方、ざっくりおぼえがきレシピです。

★★★

〈材料 作りやすい分量〉

いちご   2パック
グラニュー糖 洗ってへたをとったいちごの重さの60%(お好みで)
レモン    1個


〈作り方〉

いちごは洗ってヘタを取り、水気をよく切り

酸に強い鍋(琺瑯やステンレス)に入れ、グラニュー糖をまぶして砂糖がとけるまで一晩くらいおく。

レモン汁をしぼり、レモンの果肉と種をお茶パックに入れ、強めの中火にかけ、アクをとりながら煮る。


★★★


「レモンをあとから入れるといちごのカタチが残る」って

前回のブログ記事にたしか書いた覚えがあったので、最初に入れてみることに。

あと、柑橘類の種まわりからペクチンがでてとろみがつくっぽいので

お茶の袋に入れていっしょに煮てみました。


結果、あまり変わらず。


えー。


いちごのカタチは崩れないし、レモンの種を入れた袋だけちょっとぼてっとしただけで、

お茶の袋をぎゅーぎゅーしてみたら、中身がでた。

そしてレモンの種探し。



りんごジャムを作ったときに見たレシピで、

「ジャムは強火でさっと煮るほうがフレッシュ感が残ってよい」って書いてあった気がしたので、

強めの火加減にしたら、煮詰まってくると泡がみるみるもりあがってきて、


ざー!

しゅー!


鍋がコンロがベタベタに。

あうー。



熱いうちに消毒した瓶に入れ、瓶の蓋をして逆さにして粗熱をとるのが

いつものジャム作りのときのやり方なのですが、

前回のいちごジャム作りのときに瓶ごと湯煎するWECKの瓶のやり方でやったので、

今回もそれで。


でも煮沸しながら、蓋の裏側って消毒されるのかなー?とふと疑問に思い、

お湯の中で瓶をひっくり返してみたところ、

煮沸してるお湯がみるみる赤く。。。


わー!漏れた!!


慌てて取り出し、あつっ!あつっ!と言いつつ蓋を閉めなおし。

まーでもそれはすぐ食べるということで。


130329_ichigo003.jpg

結局できあがりが少ない気がする。。。



なんだかなー。


何事も経験ぞ。

とりあえずいちごは刻んだらよいのかえ?

もうちょっと調べていちごの季節のうちにもう一回作りたいっす。


出直してまいりますー。










まいどこんなですが、読んでいただけてうれしいです。ありがとうございます。クリックするとレシピブログが開きます。



















スポンサーサイト

[2013/04/06 12:19] ほぞんのきくもの | TB(0) | CM(0)

copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

   
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。