--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2013/11/21
*Thu*

お弁当(真夜中制作)『カジキマグロのトマトソース』 

うちのお弁当がきほん鶏→豚→鶏→豚と交互なのは、

先日も書いたけど、はっきり申し上げまして原価的な要因が大きいのですが。

たまにはカジキマグロくらい買うか!と、思い切ってみた。

とか言って、3割引シールが目に入ったので買ったんだけど。

隣の駅のスーパーの方がおいしそうな魚があるのだ。


131118_bento_001.jpg

オット用お弁当(真夜中制作)『カジキマグロのトマトソース』


●カジキマグロのトマトソース

★★★

〈材料〉

カジキマグロ    1切れ
マヨネーズ    大さじ1
小麦粉        適量
塩・胡椒・ハーブ(タイム・ディル・バジル) 各少々
オリーブオイル  大さじ1
トマトソース     適量


〈作り方〉

カジキマグロは一口大に切り、塩をふりマヨネーズをまぶしておく。
水気が出たら拭き取り、塩・胡椒・ハーブをふって、小麦粉をまぶす。
フライパンにオリーブオイルをひき、中弱火で焼き色がつくように両面焼く。
トマトソースをかける。

★★★

トマトソースはこの前のいわしのトマトグリル焼き(→)のときのがあったので。

ハーブをちょっと足して混ぜました。

マヨネーズはぱさつかずに柔らかくなるかな?と思ってまぶしてみたけど、

カジキマグロそもそもそんなに固くならないからどうだったのか不明。

おいしくできたことはできたけど。



●マッシュルームと絹さや焼いただけ

フライパンで水炒めです。

水炒めとは、油代わりに少量の水を入れて蒸発する蒸気で蒸しつつ炒めつつ焼く感じ。

ローカロリーで油っぽくならないのです。

「水炒め」という名前はわたしが考えた。



●紅海老入りじゃがいものガレットちょっとチーズ少なめ。

左側の手前に入ってるやつ。

薄くぴろぴろなので、写真はなんだかわかんないけど。

「紅海老」とは桜海老を目指したような安いやつです。ええ。安いやつ。

〈材料〉
じゃがいも    1個
チーズ      18g←6pチーズ1個。もっと入れてもよかった。粉チーズでもよかった。
紅海老    大さじ1

〈ざっくりとした作り方〉
スライサーで千切りにしたじゃがいもをちぎったチーズと海老と和えて、
フライパンに薄くぎゅっと敷きつめて、
弱火でじっくり焼いたりオーブントースター入れたりする。



●玉子焼き型オムレツ

玉子焼きのカタチですが、味はオムレツです。

タイムが入ってるっぽい。(記憶があいまい)



●あやめ蕪の味噌もみレモン風味

塩揉みがあるなら味噌揉みもよいのではないか?と

白菜+生姜でやったらおいしかったので、

蕪でやってみた。

レモンの皮が余ってたので、入れてみた。柚子胡椒でもよいかも。



●プチトマト

いろどり。いつもどおり。



●冷凍白ごはん+別添ふりかけ

冷凍のまま持って行き、食べるときレンチンです。

保冷剤代わり、意外と溶けないらしい。





読んでいただきありがとうございます。ぽちっとしていただけると非常によろこびます♪





スポンサーサイト

[2013/11/21 11:51] | TB(0) | CM(0)

copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

   
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。