--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2013/12/02
*Mon*

実験の果ての『コンビーフ風』 

きょうはのんびりモードです。わたし。

いつもはなんにも予定がないとカラオケ行くんですが(ひとりで)

きょうは行きません。風邪引いた。

あーあー。せっかく休みなのになぁ。


たまった「きょうの料理ビギナーズ」の録画を倍速でみようかな。あとで。

倍速がおすすめです。ほどよい。



131202_beef_002.jpg

『コンビーフ風』

こんびーふふう。

言いたいよねー。声に出して言いたいよね。(わたしだけ?)



外国産の牛もも肉カレー用(角切りになってる赤い肉)を、

醤油麹に一晩漬けたのと、ホエーに漬けたのと、マヨネーズに漬けたのと、醤油麹+マヨに漬けたのと

どれが柔らかくなるか実験してみたのです。

が、どれも驚くほど柔らかくなるってこともなかったんで、それを煮たのです。


(補足)

ちょっと歯ごたえのある角切りステーキとしてはおいしかったです。

ホエーよりは醤油麹が入ってる方が柔らかく、

醤油麹+マヨの方が焼いた時に焦げにくかったです。



が、炒めた玉ねぎと一緒に、30分〜1時間煮込んだところ、

驚くほど!


ぱっさぱさに!!!


まずー!!


味ないし、飲み込めないー!!



って、なったら、ふつうのおうちでは捨てちゃうのかも知れませんが、

そこは、もったいながりのさくちゃんですから。

牛もも肉そんなに安いってこともないし。(100g100円以上はわたしにとって安くない)


3日間くらいかけて朝晩30分煮て、冷ましを繰り返し。

繊維がほぐれるくらいになったところで

肉を取り出し、フォークで潰し、

前に牛すじ煮たときにとっておいた「牛脂」が冷凍庫に眠っていたので、それも加え、

塩・胡椒・ナツメグで味を調えたら、

できたー!


131202_beef_001.jpg

こんびーふふう。


ほんとのコンビーフをどうやって作るかとかよく知らないし

調べればよいんだけど、まーそれっぽくなったのでいいとする。

たぶんもう作らないし(爆)


これをコンビーフ的に使っていくつもり。



無駄にしないで済むと達成感あるよね。

うんうん。

あと、カレー用牛もも肉(外国産)は、焼いた方がよいと思う!






読んでいただきありがとうございます!ぽちっとしていただけるとほんとよろこびます♪風邪も治ります←うそ




スポンサーサイト

[2013/12/02 16:01] ほぞんのきくもの | TB(0) | CM(0)

copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

   
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。