--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2014/08/21
*Thu*

〈常備菜〉たたき(風)きゅうりの生姜ジャム和え 

きのうは夕方ごろ家に帰ってきて、

首にバンダナにくるんだ保冷剤を巻いて写真撮ってたんだけど、

まー暑かったです。

汗が目に入るくらい。

諦めてエアコンつけました。あぶないねほんとね。

もう夏も終わりかと思いきや、意外とまだまだつづくね。

かき氷のレシピとかUPしても大丈夫そうだな。ふふふ。


140817_tamagoyaki-002.jpg

『たたき(風)きゅうりの生姜ジャム和え』

いつも当ブログで「たたききゅうり」って言ってるけど、

じつは叩いてないので、「たたき風」なのです。正確にいうと。


どうやっているかというと、

「きゅうりを縦半分に切って種をスプーンで取り、手で割る」

「たたき風=切ってから割る」というやり方をしております。正確にいうと。


これのいいところは、

1.ビニール袋とか棒を使う必要が無い

2.叩くと思いのほか小さいきれっぱしが出来たりするけどそれがない

3.種を取り除くので、のちのち水分がでにくい → お弁当に入れやすい

4.その時の気分で大きさを変えられる

とかそんな感じ。


叩かないので繊維がこわれないので味が染みにくいのでは?と思うかもしれませんが、

割ったあと、塩をまぶして10分くらいおいてから、ぎゅっと絞るので、

そのときに繊維は多少壊れるのではないかと思っております。

顕微鏡で見たわけじゃないけども。


塩をまぶしておくところまでまとめてやっておいて、

あと和えるものをちょっとずつ変えるのがいつもの基本的作戦です。

今回は、この前作った生姜ジャム(→)がいっぱいあるので、それで和えました。


140817_tamagoyaki-001.jpg

『たたき風きゅうりの生姜ジャム和え』

★★★

〈材料〉

きゅうり  1本
塩     ふたつまみ
生姜ジャム 大さじ1


〈作り方〉

きゅうりは両端を落とし、縦半分に切り種を取り、

手で適当な大きさに割ってボウルに入れ、塩をまぶして10分程おく。

ぎゅっと絞って、生姜ジャムを加えて和える。


★★★


あえて書くほどでもなかったね、レシピ。

生姜ジャムの代わりに和えるのは、梅干しとか、塩昆布とか、おろし生姜+はちみつとか

茗荷+醤油とか、醤油麹とか、おかかとか、

それにごま油を足したり、オリーブオイルと黒胡椒を足したりするのもよいと思います。

いろいろやってみればいいさ!!



最後まで読んでいただきありがとうございます。ぽちっとしていただけるとよろこびます♪



関連記事

[2014/08/21 11:37] 野菜のおかず | TB(0) | CM(2)

さくちゃんさん
たたき(風)きゅうりの生姜ジャム和え
おいしそうです
素晴らしいお料理
丁寧なrecipe
有難うございます
[2014/08/21 12:10] ryuji_s1 [ 編集 ]

ryuji_s1さん♪コメントありがとうございます!

ありがとうございます!
夏はやっぱりきゅうりがおいしいですね!
塩で少ししんなりしたきゅうりも
大好きです♪
[2014/08/21 21:58] さくちゃん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakurakitchen.blog52.fc2.com/tb.php/1134-5f144dc3


copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

    
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。