--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2015/01/18
*Sun*

ワタシ用お弁当『煮豚の残り汁でぎゅっと握った豚こまと里芋の煮物』 

お正月の親戚の集まりに行く際に、わたしの母が、

テレビもでたし、あんたの料理を期待されてるよ!

とか言うもんで、そうですかいなと「煮ない煮豚(これ→)」レシピを参考に

(ってじぶんのレシピ参考にするって変だけど)

煮豚つくって持っていきまして。

20人くらい集まるから、豚肩ロースのかたまり6本くらい。(この量はさすがに初めて)

で、さすがにこの量だと「煮ない」わけにもいかず。煮汁もちょっと多めになったので、

そのとき余った煮汁がもったいないので、

火を入れて、ちょっと煮詰めて、料理に使っていこうという。試み。(説明長っ)



150116_bento_001.jpg

ワタシ用お弁当『煮豚の残り汁でぎゅっと握った豚こまと里芋の煮物』


●煮豚の残り汁でぎゅっと握った豚こまと里芋の煮物

煮汁に五香粉とか生姜とかパクチーの根っことか葱の青いとことかにんにくとか、

いろいろ香味成分が入っている、ちょっと中華っぽい煮物です。


★★★

豚こま ← 煮汁で下味をつけ、片栗粉をまぶしてぎゅっと握りながら鍋へ。
里芋  ← 剥いて、下茹でをして、鍋へ。
玉ねぎ ← くし切りの乱切り(外側の方はくし切りしたのを斜めに切る)で大きさを揃える。
煮汁  ← 味をみながら入れる。

豚は動かすと崩れるので、なるべく動かさず。

豚に火が通ったら、火を止めて冷ますと、味が染みる予定。


★★★



●菜の花の水炒め白だしお浸しオリーブオイル和え 

菜の花1/2束は、花のとこと茎と葉っぱに分けて、

茎から少量の水で炒めるように蒸し焼きにし、花と葉っぱを加えて、色が変わってきたら、

白だしを小さじ1弱くらい入れて火を止めて和えて、

水気を切って、ボウルに入れてオリーブオイルで和えました。

お弁当だし。水気なるべくでない方がいいし。



●白菜のナンプラー漬け 

おとといの記事のやつ。(→

まだいっぱいあるよ。



●黄パプリカの塩レモンマヨ炒め

黄色いパプリカを黄色いもので仕上げようというやつ。

切ったパプリカをマヨネーズで炒めて、塩レモンペーストで味つけです。

色であわせるのって、結構合うと思うんだよね。

赤い和えものも白い和えものも(→)おいしいし。
 


●紫大根のハチミツ酢漬け 

これで最終回。ちょっとさすがに色が薄くなってきた。



●自家製きゅうちゃん漬け 

まだある。(→

確実にごはんがすすむものがある、というのはお弁当にいいね。



●みかん 

入れてみた。

剥いた方が入れやすい。

筋はとらない主義。



●写真はないけど冷凍雑穀ごはん

冷凍のまま持っていき、食べる時レンチンです。

保冷剤代わりだし、詰めるの楽だし、いいんです!ほんとに!いつも言ってるけど!




ぽちっとしていただけるとよろこびます♪


にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ



関連記事

[2015/01/18 14:39] | TB(0) | CM(2)

さくちゃんさん
煮豚の残り汁でぎゅっと握った豚こまと里芋の煮物
菜の花の水炒め白だしお浸しオリーブオイル和え 
白菜のナンプラー漬け 
黄パプリカの塩レモンマヨ炒め
紫大根のハチミツ酢漬け 
素晴らしいおかずが一杯
素敵なお弁当ですね
おいしそうです

[2015/01/18 16:43] ryuji_s1 [ 編集 ]

ryuji_s1さん♪コメントありがとうございます!

ありがとうございます!
豚の煮物の豚以外ほぼ野菜ばっかりでした。
すぐお腹すきました。
最近おなかが空きやすくて、食欲の季節なのか?というくらいで
困っちゃいます。

[2015/01/19 23:10] さくちゃん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakurakitchen.blog52.fc2.com/tb.php/1283-39aacd3d


copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

    
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。