--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2013/06/15
*Sat*

〈土曜日のおやつ〉かおるちゃんの焼き菓子レッスン♪ 

土曜日はさくらキッチンおやつの日。

スイーツ作り初心者のさくちゃんの奮闘を見守っていただくという日ですが、

今週は失敗はないです。あ、うそ。

復習したら、残念なことになったんですけどね、それはきょうは書かないので。

きょうは失敗しないです。だから。


130607_kaoru_001.jpg
タイムのお花がかわいい♪

おともだちのかおるちゃんはとーーーってもおいしいお菓子を

とーーーってもこだわって作っていて、

ご自宅で、基本マンツーマン(または二人まで)のお菓子教室をされているのです。

そんなかおるちゃんのおためしレッスンを受けたのは、

以前こちらにも書きましたが(そのときの記事。3月末ごろ。→

今回は、なかよしゆりりさんが「ご主人のためにおいしいお菓子をつくれるようになりたい!」と

かおるちゃんのレッスンを受けるというので、便乗して(笑)

いっしょに焼き菓子レッスンを受けてきました。




教わったのは、「フィナンシェショコラ」と「ざくざくクッキー(チョコ入り)」。

どちらも、以前かおるちゃんからいただいたことがあり(さくちゃん別ブログに証拠写真→

これも、おうちでつくれちゃったら素敵すぎるのです♪


130607_kaoru_002.jpg
フィナンシェ生地

材料にもポイントが。

といっても、「ココのメーカーのこれじゃないとだめ」とかいうことではなくて、

「粉糖にも混ぜ物がしてあるのとしてないのがあって・・・」みたいなことなんだけど、

それを使うと仕上がりにどう影響するのか、とか、

聞くとなんでも的確にぱっぱと答えてくれるかおるちゃん。


130607_kaoru_005.jpg
焦がしバター

前回のレッスンでもわかったんだけど、

初心者のわたくしとしては、いろいろポイントすぎて、

しっかりメモらないとじぶんでも驚くほどに忘れちゃうので。

いや、メモってても何のメモだ?これ?ってなるし。

めっちゃ難しいお菓子を習っているわけではないけど、漏れないように必死なのです。


作った生地は一晩寝かせるので、かおるちゃんが用意しておいてくれた生地を型に入れて焼きます。

130607_kaoru_007.jpg
なるべく均等に。

フィナンシェはほんとは延べ棒みたいな四角いので焼くんだけど、

かおるちゃんはシェル型が好きなのでこちらで焼いているんだそうです。

ゆりりさんと1枚ずつ型を使って。


130607_kaoru_008.jpg
焼けたよ。

ひゃー!こんもり♪

130607_kaoru_009.jpg
がんがんして

130607_kaoru_010.jpg
ぺりぺり

はがすのもちょっとコツが要るのです。


130607_kaoru_014.jpg
おーいーしーそー!

もう食べたい。すでに食べたい。



もう一品の「ざくざくクッキー」は、手で丸めたりするので、あんまり写真なし。

作った生地の半分の9枚だけ焼きました。

残ったは冷凍もできるんだって。


130607_kaoru_020.jpg
ざくざくクッキーも焼けた!

刻んだチョコとパリパリのクレープ生地が入ってる

ざくざくちゃん♪

バターの香りがお部屋に広がる〜♪♪


そして、冷ましてるあいだに

130607_kaoru_018.jpg
おやつターイム!


かおるちゃんが用意してくださった、すてきスイーツ♪

バニラビーンズの入った軽いチーズのムースに大石プラムの甘酸っぱいソースと紅茶のゼリーがのってるやつ。

(正式名称は不明)

と、ヘーゼルナッツのプラリネとかが入ってるざくざくしたやつ!(こちらも正式名称は不明)

めっちゃうまい!!まじうまい!!


ゆりりさんは甘いものが苦手で召し上がらないので、

わたしひとりで「うまー!」と興奮しつついただきました。

なんだろうか、そのへんのお店の味は軽く超えているんだよ!

あー、みんなも食べて「すげー!」と言ってほしい。


130607_kaoru_021.jpg
お茶おかわり。


そんなこんなで、できあがったフィナンシェとクッキーもいただき(焼きたてフィナンシェ最高!)

食べない分はお持ち帰り用に包んでいただき、

じぶんで作ったフィナンシェ生地とのこりのクッキー生地も持ち帰り。


フィナンシェ生地は型に入れて焼けばいいし、

クッキーも丸めて焼けばいいだけなのだ。


シュー生地とはちがって、持って帰った生地を焼くだけなので、

おんなじにできると思うよね。

ねー。


その先は長くなるので今日は書きません・・・。




かおるちゃんのレッスンは、お菓子初心者なわたしでもとても丁寧に教えてくれるし、

すごくわかりやすいんだけど、

もしもわたしが、いろんな本とか読んで独学でお菓子を作っていたとしたら、

「この方法とこっちの方法だと何が違うの?」とか

「この場合にこの材料を使うのはどういう意味があるの?」とか

そんないろんなやり方に対する疑問にもさっと答えてくれるんだろうなー、って思うのです。


なので、なんかすごく贅沢で、もったいない気もしてしまう(どんだけ貧乏性)。

でも、今まではお菓子を失敗したときも、

おともだちだからといって、かおるちゃんに気軽に聞くのは失礼かなと思っていたけど、

レッスンを受けたので生徒として「なんかこんなんなりました(-。−;)」と聞けるのです。

わーい(失敗前提)。



かおるちゃん、ゆりりさん、ありがとうございました。

そして、おいしかったー!ごちそうさまでした。





長々と読んでいただきありがとうございます。つづきはまた書きますので・・・。










関連記事

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakurakitchen.blog52.fc2.com/tb.php/703-4869029f


copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

    
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。