--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2013/07/11
*Thu*

やるつもりのなかった、梅仕事2013。 

きょねんはじめて、「梅仕事」というものをしました。

といっても、梅シロップを作り、梅酒を漬けただけなのですが、

(このへんの記事→

来年は梅干しチャレンジか?なんて思っていたのですが、

おかあさまから、ちゃんとしょっぱくておいしい梅干しをたくさんいただいたので(喜)

梅酒ももったいなくて結局飲まないし、梅シロップくらい作ろうかなと思ってたけど、

意外と特売に出会わず。


まー、今年はやんなくてもいっかなー。と、思っていたところ、

出会ってしまった。見切り品青梅。


1キロ200円。


はー。これをわたしが買ってあげないと、捨てられてしまうのかー。(閉店間際)

それはせつないねー。

とはいえねー。

結構傷あるしちょっと熟しかけてるし、シロップはねー。うーん。


と3回うろうろし、やっぱり買うことにしたのです。

まー200円だし。(結局そこ)


130629_ishitokito_001.jpg
微妙に熟れている。

シロップも考えたんだけど、傷もありそうだし、

しゅわしゅわ発酵しそうな気もするので、

梅ジャムをつくってみようかなーと、もちろんはじめてですが。


わたしの梅師匠が、ブログに梅ジャムレシピをUPしていたので、

それを参考に。


・・・きょねん、梅の様子がおかしくなったときに(こちらの記事→)、

ていねいにアドバイスをしてくれたので、

faniちゃんのことを、勝手に「梅師匠」と思っている。・・・



130629_ishitokito_002.jpg

ゆらゆらあく抜き。水を替えながらやさしく茹でると、

なんか黄色くなってきたー!へー。



お砂糖80%も師匠のレシピどおりで。

甘みは、賞味期限的な問題で、粉末黒糖と三温糖半分ずつ使いました。


130630_ishitokito_007.jpg

でーきたっ。


黒糖が入ってるからちょっと黒いけど、

ちょー!!すっぱい!古式梅肉エキスで作った「まっくろ梅トマジャム(→)」とは違って、

コクがあってほどよい酸味で、おいしー!

130630_ishitokito_006.jpg
ヨーグルトにかけてちょっと味見。


うーん♪上品。

たねやの梅ゼリーくらいおいしい。

言い過ぎ?(わが子かわいさ)



たねやの梅ゼリー1個で450円くらいするもんねー。

そこまでうまいわけないか(反省)。

でもでも、ジャムを薄めてゼリーにしてもいいかもー♪




ジャム製造が消費を上回っておりますが。

瓶詰めつくるとなんかうれしいからつい、作っちゃうのです。

お料理にも使ってみようかな♪



faniちゃんレシピありがとう!

(faniちゃんレシピ記事→









最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。応援クリックが日々の更新の励みになっております。いつも。ありがとうございます。ます。






関連記事

[2013/07/11 11:09] ほぞんのきくもの | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakurakitchen.blog52.fc2.com/tb.php/721-3f4b2a6f


copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

    
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。