--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2014/01/26
*Sun*

お弁当『芽キャベツと鶏の塩焼きと菜の花の昆布締め』  

となりの駅のスーパーに行ったら芽キャベツが安かったのです。

が、なんか大きめで、ゴルフボールくらい?

芽キャベツ大きめってなんだかなー。

「ジャイアントコーンミニ」とか「キットカットビッグリトル」とか「ジャンボ小枝」とかと同じく

どっち!

っていう気持ちになった。


そんな芽キャベツはシンプルに焼きました。あと菜の花も安かったので。

140122_bento-001.jpg

オット用お弁当『芽キャベツと鶏の塩焼きと菜の花の昆布締め』


●芽キャベツと鶏の塩焼き

焼いただけ。油もひかず、鶏の皮の油分だけ。

★★★

〈材料 お弁当1.2人分〉

鶏もも肉    1/2枚
芽キャベツ     2個
塩・胡椒      適量


〈作り方〉

鶏もも肉は一口大に切り、フライパン(玉子焼き器)に皮目から並べ、中弱火で少し蓋をずらして焼く。
皮がパリっと焼けたら余分な油を拭きとって返し、空いているところに4等分に切った芽キャベツを入れて
芽キャベツのにそれぞれの面に焼き色がつくまで焼く。塩、胡椒で調える。

★★★


といいつつ、ほんとは「唐揚げ用もも肉」が安かったので、もともと切ってあった肉です。

マヨネーズをまぶしてラップして冷凍してました。

凍るあいだに浸透してマヨネーズ効果で固くならないのではないか?という気持ち。

(実験してないからおまじないかもしれないけど)

レンジで解凍すると水がでるので、ペーパーで拭き取ってから焼いています。



●菜の花の昆布締め

菜の花も安かったので、料理僧・青江覚峰さんの本に載ってたのを作ってみた。

昆布に酒をふって戻し、菜の花を茹でて、塩振って、ラップして一晩おく。

というシンプルな料理ですが、しみじみおいしい。また作ろ。

青江さんはイベントで精進弁当を作るお手伝いをしたときに知り合ったお坊さんなのです。

この本の紹介はさくちゃん別ブログでしています(→



●チーズとお麩入りかさ増しオムレツ

玉子焼き型ですが、内容はオムレツ。お麩を砕いていれるのが最近のお気に入り。

卵      1個
お麩(小)  2個
ピザ用チーズ 15g
牛乳     大さじ1
マヨネーズ  小さじ1
塩      少々


●野沢菜漬け

いただきものを小分けに冷凍し、ちょっとずつ入れてます。



●ラディッシュ

いろどり。



●保温雑穀ごはん+別添錦松梅←写真はない。

ふりかけがなかったので冷凍していた錦松梅を小さい容器に入れました。





読んでいただきありがとうございます。ぽちっとしていただけるとよろこびます♪





〈お弁当作り順〉 保温容器ver.

1.お湯を沸かして、保温容器に注いでおく。
2.玉子焼きを作る→アルミの皿に移して下に保冷剤を置いて冷ます。
3.メインを作る。→アルミの皿に移して下に保冷剤を置いて冷ます。
4.ごはんをレンチンする。お湯をやかんに戻し、水筒のコーヒー用のお湯を沸かす。
5.ごはんを盛ってフタをする。
6.玉子焼きを切って詰め、シリコンカップを配置し、菜の花を切って詰める。

このへんでお湯が沸くので、コーヒーを淹れる。

7.メインおかずが冷めたのを確認して詰める。
8.野沢菜とラディッシュの入る場所を探す。
9.ふりかけがないのに気づき、冷凍庫の錦松梅を小さいタッパーに詰める。
10.写真を撮ろうとしたら、電池切れであせったりなんだりして、撮って、お弁当袋に入れる。

いってらっしゃーい


関連記事

[2014/01/26 09:31] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakurakitchen.blog52.fc2.com/tb.php/923-81cdc0b8


copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

    
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。