--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2014/10/21
*Tue*

ヨーグルトを焼いたらモッツァレラになるっていうから、やってみた。 

何かのニュース記事を見ていたら、ヨーグルトを焼くとモッツァレラになるっていうのが

クックパッドニュースにありまして、→ http://cookpad.com/articles/2778

ほんとに?と思いつつ、手ごろだし手軽だし、焼くだけだし、

ということで、気になってやってみました。

ネットではちょっと前に話題になったらしいので、ちょっと古い話題なのかもしれんけどね。

まー、じぶんでやらないと気が済まないですから。


クックパッドのレシピはこちら → http://cookpad.com/recipe/824397


141014_yo-guruto_001.jpg

使ったのは、スーパーのPB商品のプレーンヨーグルト。

1個丸ごとやると固まりづらそうだったので、半分を大きめで平たい器に、

残りの半分をガラスの耐熱容器に半分ずつ入れてみました。


そして、170℃に予熱したオーブンで30分焼くだけ。

141014_yo-guruto_002.jpg

だんだん水分が分離してきた!

途中でゆすったりすると、くっつきにくいらしいので、触らずに、

なんかゆるそうだったので、10分程余分に焼きました。

141014_yo-guruto_003.jpg

焼き上がりは、おぼろ豆腐っぽいかなー?

結構水分が出ている・・・。

平たい方はというと、

141014_yo-guruto_004.jpg

表面はつるっと、はしっこに水分がある。

これは固まっているのではないだろうか・・・?


と、期待感いっぱいですが、焼きたてはふるふるらしいので、

そのまま冷ましてから一晩冷蔵庫に・・・。



さてその気になる結果は!


長くなりそうなので、また明日ー。




ひっぱってすんません。ぽちっとしていただけるとよろこびます♪










[2014/10/21 13:48] そざい | TB(0) | CM(2)
2013/09/27
*Fri*

はじめて見た。ちっこいピーマン。で簡単おかず。 

130926_kanda_001.jpg


産直のお店でピーマン買いました。


130922_yasai_005.jpg

なんかおかしい?

ヘタが大きい気がする?


すばらしい観察眼!!



そうなんです。

ちっこいのです!!

比べてみると・・・

130922_yasai_006.jpg

右がふつうのピーマン。


やたらとちっこいのです!

産直のお店、とくに説明とか書いてないので、こういう品種なのか

早採りしたのかぜんぜんわかんないんですが

とりあえず袋には「ピーマン」って書いてありました。


ヘタもそんなに固くないので食べられそうだったけど、

一応ヘタは手でとって、

縦半分に切ってみました。種もそのまま食べられそう。生でもいけそう。



ということで、簡単炒めもの。


130926_kanda_002.jpg


『ちっこいピーマンとちくわのマヨ炒め』

★★★

〈材料〉

ちっこいピーマン   10個
ちくわ(小さいもの)  2本
マヨネーズ      大さじ1
油           少々


〈作り方〉

ピーマンはヘタを取り、縦半分に切る。
ちくわは縦半分に切り、4等分の長さにする。

フライパンに油を薄くひき、ちくわとピーマンの切った面を下にして焼き色をつけ、
裏返してマヨネーズを加え、軽く炒める。

好みで七味唐辛子をふる。


★★★

くっつかない加工が効いているフライパンだったら、油ひかないでいいかも。

ちくわに焼き色をつけたいので、マヨを後入れして焦げ防止。というつもり。

ちなみに、うちはちくわも冷凍保存しております。

解凍しないでそのまま使えて便利。


そしてこれはお弁当のおかずになったりするのだ!




読んでいただきありがとうございます♪毎日更新を、がんばっております。ぎりぎり。





〈おしらせ〉
DM_ura2.jpg
写真展します。

くわしくは、TOPの記事をごらんくださいませ → ★★★







[2013/09/27 11:57] そざい | TB(0) | CM(0)
2013/09/26
*Thu*

はじめての、金糸瓜(そうめんかぼちゃ) 

たまにしか行かない隣の駅のスーパーに行ったら、売ってました。

130922_yasai_001.jpg

しってる?

「金糸瓜」

「禁止売り」って変換するよね。ことえり。(うちだけ?)

大きさは、20cmくらいでした。

なんせはじめてなので、これがスタンダードな大きさなのかは不明。


別名は「そうめんかぼちゃ」です。

存在はしってたけど、食べたことなくて、もちろん見るのもはじめて。

面白そうだから買ってみた。


茹でると勝手にほぐれて、そうめんみたいになるんだって。

ほんとかいな?

しかし、このネット社会。

しらないことはなんでもgoogle先生に訊けば、たいていだれかが教えてくれるのです。

ただし、それが正解かどうかはやってみないとわからんのです。


だって、最初に見た方は、「水から茹でる」って書いてあって、

つぎに見た方は「沸騰した湯に入れる」って書いてあるんだもん。

真逆!どっちやねん!と関西人じゃなくてもつっこみたくなる。


130922_yasai_003.jpg
切ってみた。

ヘタはおとすかな?と思って切ってみたけど、

茹でてからわかったのは、勝手に中身だけほぐれるので、

ヘタつきで茹でた方がよいです。

厚みが違いすぎると、そこだけ早く火が通ってしまい、

どうなるかというと、煮崩れてペーストになります。(がーん)


失敗から学ぶよね。

ということは、やっぱり沸騰したところからさっと茹でた方が、崩れない気がします。

さっと、とはいえ20分くらいが目安です。

って書いてあるのを鵜呑みにしたら、茹ですぎた。(がーん)



130922_yasai_002.jpg

『失敗から学んだ、金糸瓜の茹で方』

★★★

1.金糸瓜は5cm厚さくらいの輪切りにする。(4等分くらい)
  種とワタをスプーン等で取り除く。

2.沸騰したたっぷりの湯に入れて、茹でる。(塩は入れない)
  浮いてくるので、落とし蓋をしつつ、お湯がかぶる状態じゃない場合はときどき上下を入れ替える。

3.ほぐれてくるまで20分ほど茹でる ← 茹ですぎ注意

4.水にとってすぐ冷まし、身をほぐす。皮をもむようにすると自然にほぐれやすくなる。
  
  水気をよく切って冷凍保存が可能(らしい)

★★★


茹でるとたしかに、勝手にほぐれて「金の糸」!

そうめん、よりは太いけど。

一部どろっとしたけど、だいたいは糸状になりました。


そうめんのようにめんつゆで食べるとかいうレシピがでてきたけど、

味をみたら「さっぱりしたかぼちゃ味」だな。と思ったので、

こんなんにしました。



130922_yasai_004.jpg

『金糸瓜のはちみつマリネ』

★★★

〈材料〉

金糸瓜(ゆでた状態) 80g 
はちみつ      小さじ2
リンゴ酢      大さじ1


〈作り方〉

金糸瓜の水気を軽く絞って、材料を和える。


★★★


ほんのりかぼちゃ味の甘酸っぱいマリネ。

うまーい♪

箸休めにちょうどよいです。


いろどりにもなるから、水気を切ったらお弁当にもいいかも!

おもしろいやさい、いろいろあるねー。




読んでいただきありがとうございます。ぽちっと応援していただけるとランキングに反映されるシステムです。お金が入るとかじゃないんだよ、やる気がでるだよ。





〈おしらせ〉
DM_ura2.jpg
写真展します。

くわしくは、TOPの記事をごらんくださいませ → ★★★









[2013/09/26 11:43] そざい | TB(0) | CM(2)
2013/09/05
*Thu*

赤いオクラを赤いまま食べるにはどうすればよいのか。 

職場の近くにできた産直のお店にいくと、

はじめて目にする野菜があるので、たのしいのです。

ついつい買ってしまうのです。


この前は『福耳唐辛子』を買ってみたんですけどね、(このへんの記事に詳細が→

お店の人は「辛くないと思います」って言ってたけど辛かったりとかさ。

あんまりお店の人のコメントはあてにならないというのがわかってきたところで、

先日買ったのは、『赤いオクラ』


130903_okura_002.jpg
品名は「オクラ」だった。ふつうに。


大きさはふつうのオクラよりちょっと大きいです。

でも、大きさも、それが標準サイズなのかはあやしいところなので

(だって、ちっさっっ!っていうゴーヤとか売ってるし)

足繁く通わないとわからないのですが、

そんなに通うわけでもないので、だいたいそんな感じということで。


130903_okura_001.jpg


赤いオクラ、とてもきれいな色。なのですが。

ブログには書いてないけど、以前「紫のいんげん」をいただいたことがあって、

すっごくきれいだったんですが、茹でたら色がなくなったんですねー。


赤いオクラもたぶん色素が水溶性なので、茹でたら色なくなるんだろうなー、と思って、

一応(あてにしてないけど)お店の人に聞いてみたんです。


茹でたら色なくなりますよねー?


そうですね。緑になるので・・・。赤いまま召し上がりたい場合は生食ですね。

赤いまま食べた方が栄養素も摂れるのでいいって料理の先生をしてるお客様が仰ってましたよ。

切り方もあるみたいなんですが、僕はちょっとよくわからなくて・・・。


とかなんとか、もごもごした感じでしたが、

生食なら赤いのね。そうよね。と、洗って切って、生でいただくことにしました。


産毛もとげとげも、結構するどくて、うっかり触るといてっ!となるくらい新鮮。

産毛は塩でこするととれるんだよね。

それは知ってるんだよね。

と、塩をまぶしてごしごし・・・。


・・・あれ?


・・・色が




黒くなってきたーーー!!!



130903_okura_003.jpg


どこがこすってないかわかる!


とかじゃなくて!!



塩もみしたら、オクラの水分がでてくるから、それで色素が溶けちゃうのかな??

わからんけど。

なんかきたなーい色になってしもうた。


だからといって、触ると痛い産毛をそのまま食べるわけにもいかんし。

砂でこするしかないのか???(そんなばかな)



どうすりゃいいの〜?


ということで、答えはわたしも教えてほしい。

まだ残ってるのがあるから、他の方法にチャレンジしてみます。

できたら報告するね。できなかったらしないね。



どす黒くなったオクラ、味は、オクラでした。

縦に切って冷やし中華の具にしたけど、おいしかったよ。

冷やし中華にオクラ?!ってじぶんでも思いながら入れてみたけど。

悪くなかったです。日々チャレンジ。







最後まで読んでいただきありがとうございます。ランキングが励みになっております。ぽちっとクリックしていただけるとランキングに反映されるシステムです。まいどどうも。









[2013/09/05 19:37] そざい | TB(0) | CM(0)
2013/09/02
*Mon*

はじめての、福耳唐辛子。 

きのうちらっと書きましたが、(→

このまえ職場の近くにできた産直に行ったとき、

はじめて見る野菜があったので、チャレンジしてみました。

こんなの。


130825_fukumimi_003.jpg

『福耳唐辛子』

見ためは青唐辛子の太いの、ししとうの肩張ってるの。という感じですが、

そこそこ大きいです。

このくらい。

130825_fukumimi_002.jpg

きゅうりの2/3くらいの長さかな。

きゅうりがしおしおなのは置いといて(汗)

これが7〜8本くらい入って130円だったかな?そのくらい。


袋詰めされているやつによっては、もっと大きいものも小さめのものもあったので、

ふつうがこの大きさなのかは、わかんないけど。

産直の冬瓜とか「ちっさー!」っていうのも置いてるから、そういうのを考慮するとね。


『唐辛子』という名前だけど、これが青唐辛子くらいの辛さだったら、

そりゃあ殺人的だろうと思うし、きっと7本も袋詰めしないだろうし、

そんなに辛くはないだろう、ま、ししとうに当たるくらいかな?と勝手に想像しつつ、

念のためお店のレジのパートさんぽい方に聞いてみた。


これ辛いですか?

「辛くないです。ですけど、さっきお客様から、辛かったのよ〜、と言われたので、

もしかすると辛いかもしれませんが、わたしはなんとも・・・」

なるほどそうですか(笑)じゃあチャレンジしてみます。


ということで、辛いのか!辛くないのか!まさにロシアンルーレット!!!


130825_fukumimi_001.jpg


いきなり大量に使って、もしも辛かったら困るけど、

まー、そんなでもないだろう。と、お弁当に入れてみた。(きのうの記事→

130825_bento_001.jpg

オット、実験台。

だって、みどり色のおかずがなかったんだもん。

照り焼きにししとう添えたりするしさ。それの大きい版ってことでさ。


竹串で穴をぷすぷす開けて、オーブントースターで焼いてみました。


一応、オットには「食べたことないからわかんないけど辛くないっていってたけど辛いかもしれないけど」

とかなんとか言って手渡し。



そして、帰ってきたオットはこう言った。




きょうのお弁当のあれ、

辛くて食べられなかったよ!!!




えーっ!そんなにー??

お弁当はいつも残さずきれいに食べてくれるオットですが。

激辛好きというわけではないけど、ふつうに辛いものも食べられるオットですが。

がんばったけどギブアップしたらしい。


わー。

おそるべし『福耳唐辛子』。

これが個体差なのか、ぜんぶが辛いのかそれはこれから徐々に明らかになるでしょう。

とりあえず、ちょこっとずつ使おう・・・。




読んでいただきありがとうございます!クリックしていただけると、ランキングがいいかんじになるので、とてもうれしいです。いつもすみません。
















[2013/09/02 13:59] そざい | TB(0) | CM(4)

copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

   
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。