--/--/--
*--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2014/12/19
*Fri*

〈クリスマス会おぼえがき〉『牛肉とマッシュポテトのミルフィーユ』 

この前の「さくらキッチンクリスマス会(→)』でおだししたものの

解説をしていこうかなと、思っております。

解説というか、じぶんも思いつきでつくってて忘れちゃうので、おぼえがきです。

そもそもお客さま来ても、ほぼはじめてつくる思いつき料理だったりするので、

毎回ご好評をいただいているのは、奇跡的なのです(いいのかそれで)


141214_sakurakitchen-ryouri_029.jpg

『牛肉とマッシュポテトのミルフィーユ』

この前買った肉料理の本を参考にしたのですが、

乳製品がダメな人か参加しても大丈夫なように、

パイ生地を使わずに、底生地はギョウザの皮を使い、

上にはロマネスコとじゃがいものマッシュを重ねてみました。


で、マヨネーズかけて焼こうかな、と思ってたんだけど、

結局乳製品ダメな人来られないっていうから、チーズのせました(おい)



焼く前はこんな感じ。

141214_sakurakitchen-ryouri_007.jpg

上から

パン粉、ミックスチーズ

牛肉スライス(塩、胡椒)

ロマネスコとじゃがいものマッシュ(マヨネーズ、豆乳、塩)

玉ねぎと舞茸の炒めたの(塩、ハーブ、白ワイン)

牛肉スライス(塩、胡椒)

玉ねぎと舞茸の炒めたの(塩、ハーブ、白ワイン)

牛肉スライス(塩、胡椒)

ギョウザの皮

オリーブオイル



という構成になっております。

牛肉400gくらいだから、パテと比べたら、そんなに肉肉でもないんだけど、

かなり「肉」感がある、ような気がします。


反省点としては、

8等分より小さく切り分けにくいので、

焼けたときに8人で全部切り分けて食べちゃったので、

お腹いっぱいになってしまった。


あと、チーズが上だと40〜50分焼くので、ぱりっぱりになるね。

それはそれで好きだけど、中に入れればとろ〜っとしたのかも。

レシピは上がパイ生地で中にチーズでした。


141209_hon_002.jpg

この本ね。

福原毅さん撮影なので、買ってサインをいただいたやつね。(このとき→


こういうのは、ふだんの少食ふたり暮らしではなかなか作れないので、

どうしてもぶっつけ本番になってしまうのです。(と言い訳か)


お味は、おいしかったですよ!

塩胡椒の加減にもよると思うけど、薄めだったら、食べるときに塩振ればいいし。

なかなかのパーティー感があってよいと思います!





読んでいただきありがとうございます!!ぽちっとしていただけるとよろこびます♪





[2014/12/19 15:11] おつまみ | TB(0) | CM(3)
2014/11/26
*Wed*

めずらしく復習『マグロのコチュジャン和え』 

さときっちん料理教室に、ときどき行けない月もありつつ、

1年以上通っているわたくしですが、

なかなか、すぐ復習!とならないんですよねー。

それはだいたい、おうちに食材がいろいろあって、そっちを先に使わなきゃ!とか、

魚のレシピを習ったけど、ぜんっっぜん特売じゃなくてべらぼうな値段!!とか

例によって「もったいながりで安売り好き」な性質由来なのですが。


めずらしく、先日(このとき→)習ったものをすぐ作ってみました。

141113_maguro_001.jpg

『マグロのコチュジャン和え』

マグロの切り落としが安かったもんでね。

ええ。

そういうことか。そういうことだ。

習ったときは黒ごまでしたが、白ごまで。

141112_satokitchen_008.jpg
習った時の、この手前のやつ。


すりゴマは常備していないので、BRUNOのミルでぶいーん!と作りました。

140711_kigori-001.jpg
これは、アイス作ったときの写真ですが、このBRUNOタンブラーブレンダーに、別売りミルが着けられるのです。

すり鉢だと溝に詰まるのがもったいないけど(←でた!)

ミルだと意外と無駄なく食べられてうれしい。

多少ムラはあるけど、それもまた食感がでてよしとする。


和えておけば、翌日も食べられるので、

そういうところもうれしいおかずおつまみなのでした。





読んでいただきありがとうございますです。ぽちっとしていただけると、やる気がでます。


[2014/11/26 15:01] おつまみ | TB(0) | CM(2)
2014/11/18
*Tue*

はじめての、すじこを『筋子の味噌漬け』に! 

141115_sujiko_002.jpg

さときっちん料理教室でお友だちになったさすけさん

Facebookで「筋子の味噌漬けめっちゃうまーい!!」と叫んでて、

すじこで味噌漬け??食べたことないっ!!

てゆーか、すじこ買ったことないっ!!

けど味噌漬け簡単そう!!


ということで、買ってみました。

141112_sujiko_001.jpg

すじこ。

第2回割引シールで3割引だったやつ(10%→30%→50%となる)

大葉っぽいのは、プラの印刷のだよ。

はじめて買ったので、ぽろっとこぼれた1粒を味見してみたら、

「味のない、いくら」だった。

そりゃそうか。そうだよね。

141112_sujiko_002.jpg

味噌にみりんを混ぜました。

みりんじゃなくてお酒でもよいらしい。

これをラップに半量広げまして。

141112_sujiko_003.jpg

広げた。

そこにすじこを乗せまして。

141112_sujiko_004.jpg

乗せた。

そこに残った味噌+みりんを塗りまして。

141112_sujiko_005.jpg

茶色いかたまりに。

ラップで包みまして。

141112_sujiko_006.jpg

さらに、もう1回包みました。念のため。

それを冷蔵庫に入れて、1日経ちまして。

できたー!!

141115_sujiko_001.jpg

うんまーい!!

これだけでごはんが1膳食べられるね。

やんやん♪すばらしー!!

さすけさんありがとー!!







『筋子の味噌漬け』

★★★

〈材料おぼえがき〉

すじこ     1本(っていうの?) 180gくらい
味噌     60g
本みりん  大さじ2


〈作り方〉

味噌とみりんを混ぜる。
ラップに混ぜた味噌を半量塗り、筋子をのせて、味噌を塗り、包んで冷蔵庫で1日置く。

・・・

味噌とみりんをざっくり2:1くらいのイメージで作りました。固さを見ながら混ぜる。


味噌の量は、なるべく覆うことができるぎりぎりの量にすれば、

食べる時に味噌を落とさないで一緒に食べられていいかなと、思います。(もったいながり)





読んでいただきありがとうございます。ぽちっとしていただけるとよろこびます♪






[2014/11/18 11:50] おつまみ | TB(0) | CM(2)
2014/09/23
*Tue*

はじめての、トリッパ!『トリッパとひよこ豆のトマト煮込み』 

この前、さときっちん料理教室に行ってきたのですが、

そのときにも初対面の方に

「あー!ゆりり亭公式カメラマンの、あの、さくちゃんですか?!」と

言われるほど。

もうなんか、名刺とか作ろうかな。「ゆりり亭公式カメラマン さくちゃん」


ゆりり亭で何度もいただいている、ゆりりさんの『トリッパのトマト煮』

そのへんのワインビストロとかよりもおいしいのです。

この前「さくらキッチン おうち呑み」のときに(このとき→)買い出しに行ったら

めったに行かない高級スーパーに冷凍のハチノスが売っていたので、これは!チャレンジだ!!と思って

ゆりりさんのレシピを参考につくってみました。


ゆりりさんのレシピはこのへん →  (こっちも→


140915_sakurakitchen-food_010.jpg

こんなかんじにできました。


ご存知かと思いますが、ハチノス=トリッパは、牛の第ニ胃です。

牛モツです。牛ホルモンです。

蜂の巣じゃないからね。ツバメの巣とかそういうのじゃないからね。


冷凍品なので、自然解凍して、くさいので、2回ゆでこぼします。

部屋がモツ臭くなってる気がして、ちょっと不安。

下茹では、ゆりりさんレシピでは圧力鍋を使うのですが、見えないと不安なので、

ふつうの鍋で1時間くらい茹でました。

140912_pain_006.jpg
下処理中。

臭うけどアクは意外とでなかったです。冷凍だからかな。

ぐにぐにしてるから、柔らかくなってるのかどうか、こまめに味見すると逆にわからない。

1時間茹でてこんなもんかしら?と、火を止め、

冷めてから食べる大きさに切りました。ぶりん!としてるので、キッチンバサミで切った。


煮汁に浸けて、その日は冷蔵庫に入れ、次の日にトマト煮に。




『トリッパのトマト煮 今回の材料おぼえがき』

★★★

〈材料〉

トリッパ   600g ← 冷凍真空パックを自然解凍。溶けなければ流水。

セロリ      1本
人参       1本
玉ねぎ      1個 ← 甘みが出るまでよく炒める

ひよこ豆水煮缶  1缶 

トマト缶     1缶
トマトペースト  大さじ2 ← このへんはアドリブ
トマト      1個
 
にんにく     1片
赤唐辛子     1本

ローリエ・タイム  ← ハーブ類はなんとなく
オリーブオイル

●下茹で
セロリの葉っぱ、玉ねぎの皮の方、白ワイン1/4カップ、塩 ← 塩も最後に入れてみた


★★★



できあがりは、はじめてにしてはおいしくできた!と思う!

おうち呑みで残った分は、冷凍しました。

オットも食べられなくはないけど好んで食べないので、うししといただこう。




読んでいただきありがとうございますー。ぽちっとしていただけるとよろこびます♪









[2014/09/23 11:43] おつまみ | TB(0) | CM(2)
2014/04/05
*Sat*

〈土曜日のおやつ〉改善!〈マヨネーズ研究会〉ふわふわキッシュ。 

土曜日は「さくらキッチンおやつの日」なので、

キッシュが「おやつ」なのかは微妙なのは重々承知しておりますが、

そこは強引に。おやつということで、話を進めさせていただきます。


や、今週はちょっとお菓子作る余裕がなくってさー。

お菓子は初心者なので、余力がないとつくれないのです。言い訳です。はい。


140401_mayo-003.jpg


『オレンジページマヨネーズ研究会』(記事はこちら→ オレンジページnetのページ→

というものに参加して、約1年。

今回が最後の投稿です(たぶん)!

・ふわふわ厚焼き卵(→
・パラパラ炒飯 (→
・ふんわりジューシーハンバーグ(→
・ふわふわホットケーキ(→
・ふわふわジューシーから揚げ(→
・パラパラピラフ(→
・ふわとろオムライス(→
・ふわふわジューシーミートローフ(→
・ふわふわカップケーキ(→
・ふわふわジューシーひと口カツ(→

いろいろやったよねー。オレンジページnetでのレシピ公開が4月14日までらしいので、

気になるレシピは印刷するとかしておいたほうがいいよ!


オレンジページnetのページ → ★★★



さて今回のテーマは「ふわふわキッシュ」です。

卵液にマヨネーズを混ぜると、しっとりジューシーふわふわになってしまう

厚焼き卵のときとおんなじ原理の応用です。


原理はキユーピーの開発の方とか藤井恵先生が教えてくれるから、

わたしは作るだけなのですけども。


で、キッシュこの前作ってみたときは

140325_mayo-002.jpg
記事はこちら→


おいしくできたんだけど、パンでつくるキッシュの生地が

ガラスの耐熱皿にくっついちゃって、ちょっとはがれたり、

ふにゃっとしちゃったので、今回はそのへんを改善してみよう!と。


まず、サラダ油を耐熱皿に塗ってから、のばしたパンを敷きつめました。

そして、パン同士をぎゅうぎゅう押してなるべくくっつけました。

あと、前回はオーブンをふつうに予熱したのですが、天板を先に入れて予熱してみました。

底がしっかり焼ける方がいいかな、と。


140401_mayo-002.jpg

で、焼けた!

いいかんじに!!


前回は、底には焼き色はつかなかったんだけど、

今回のはところどころ焼き色がついて、生地もしっかり固まってる!


そして、うーまい!

マヨネーズ効果でふんわりしっとりー♪


ただ、1こ。

具材がちょっと多かったのか、卵が大きかったのか、卵液を流し込む時にちょっとあふれてしまい、

卵液が耐熱皿に直接くっついちゃったところは、焼けてからはがずのが大変だったー。

そこ、注意だな。



★★★

〈材料おぼえがき〉 18cmの容器1個分

ほうれん草     1/2束
ウインナー       3本 
炒め玉ねぎ      80g 
卵           3個 
ピザ用チーズ     30g 
マヨネーズ     大さじ2 
ハーブソルト・胡椒   少々 
サンドイッチ用パン   5枚 
パンに塗るマヨネーズ 大さじ1 

220℃で20分

★★★


140401_mayo-001.jpg
焼きたてはさらにふわふわ。



マヨネーズ研究会の活動は終わりますが、

これからの生活でもマヨネーズを唐揚げの下味に使ったり、

玉子焼きやオムレツに加えたり、

チャーハンやチキンライスに使ったり、

ずっと使い続けるのは間違いないです!


一度やってみたら、その効果を実感するからさー。ぜひおすすめ。

チャーハンがぱらっとするからねー。わたしでも。



ということで、オレンジページさま、藤井恵先生、キユーピーさま

マヨネーズ研究会のみなさま

読んでくれたみなさま

ありがとうございましたー!




ブログは終わらないよー。明日も書くよー。


最後まで読んでいただきありがとうございました!お疲れさま!と、ぽちっとしていただけるととてもねぎらわれます。ねぎらいを要求してすみません。おそれいりまする。








[2014/04/05 12:49] おつまみ | TB(0) | CM(4)

copyright © 2006 さくらキッチン 〜さくちゃんの思いつきごはん〜 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

FC2Ad

   
Material by もずねこ
Template by nano's everyday*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。